雪国越後食の文化祭

平成28年2月20日「長岡雪しか祭り」の会場で開催された、雪国長岡の食文化、伝統、歴史、風土を体感する食事会『スノーフルコース』。
 
当時のプロジェクトメンバーの1人が発起人となり、『越後雪国食の文化祭』と名称も新たに開催されました。
 
長岡市へのふるさと納税寄付者限定の1泊2日のモニターツアー『スノーツアー』、前年に続き2度目の開催となった、長岡の冬の食材を用いた食事会『スノーフルコース』、2月から3月までの期間限定で、市内飲食店で長岡の冬ならではの食材を使ったオリジナル料理を味わえる『スノーガストロノミーフェスティバル』の3つのイベントを複合的に開催し、雪国長岡の食の魅力を発信しました。
 
▼フェイスブックはこちら▼



 


スノーツアー

平成29年2月25日(土)・26日(日)
 

 

 
 

首都圏在住で、長岡市へふるさと納税を寄付された方限定で1泊2日のモニターツアーを開催しました。
 
70組の応募者の中から抽選で20組をご招待し、市内酒蔵での酒造りの見学や小国和紙の紙漉き体験など、雪国長岡ならではの文化の体験を通じて、雪国長岡の魅力を体感していただきました。
 


 
スノーフルコース

平成29年2月26日(日)@ナルミ農産
 



長岡市内5名の料理人が冬に旨みを増す長岡産の食材を用いて作り上げたコース料理。その贅沢なフルコースを味わえる食事会を開催しました。
 
会場は、市内農家のビニールハウスをお借りし、雪をイメージした小国和紙で装飾。
 
首都圏在住のふるさと納税者19組38人のほか、SNS等での一般応募者22人からご参加いただきました。
 

長岡産食材を使った野菜のテリーヌや長岡の伝統料理のっぺなどとともに、市内酒蔵による地酒を味わっていただき、長岡の冬の食文化を堪能していただきました。
 


 
スノーガストロノミーフェスティバル

平成29年2月27日(月)~3月20日(月)
 

 

 
 

長岡市内の飲食店24店舗のご協力のもと、「越後長岡の冬から雪解け~春を待ちわびる」をテーマに、長岡の冬ならではの食材を使ったオリジナル限定メニューを提供しました。