中高生のための会社経営チャレンジ・プログラム

中高生が模擬会社を自分たちで起こし、実際に商品企画・開発・販売を行うことにより、働くことの意味を理解し、主体性・企画力・創造力・チームワーク力・コミュニケーション力の向上を図ることを目的に、長岡大学及び(株)日本取引所グループの協力のもと、全6回の起業体験プログラムを実施しました。

 


平成28年度 終了しました

 参加者:6名(中学3年生2名、中学2年生2名、中学1年生2名)
    3名ずつ2チームに分かれて模擬会社を設立
内 容:
(1)1日目:平成28年8月27日(土)
   ・事業計画の検討①
    株式会社 秋の深まり(栗ご飯、お吸い物)
    株式会社 オートムヌ・デセール(フルーツタルト、コーヒー、紅茶)
(2)2日目:平成28年9月10日(土)
   ・事業計画の検討②
    調理等で保健所のルールがクリアできるか、調理の技術や時間が実現可
    能かなど、事業の実現性の再検討
(3)3日目:平成28年9月17日(土)
   ・事業計画の仕上げ・発表
   ・投資家への事業説明・資金獲得
    1チーム創業者出資金1,000円×3人=3,000円と投資家からの30,000
    円による計33,000円の資本金で運営
(4)4日目:9月25日(日)
   ・悠久山栄養調理専門学校で試作品づくり
(5)5日目:10月9日(日)
   ・材料購入、悠久山栄養調理専門学校で出店準備
(6)6日目:10月10日(祝・月)
   ・パティオ・de・ナガオカでの出店・販売
   ・決算作業
   ・株主総会
結果:株式会社秋の深まり…18,361円の利益
   株式会社オートムヌ・デセール…14,188円の利益
   ⇒最優秀賞:株式会社 秋の深まり
    優秀賞:株式会社 オートムヌ・デセール
 


平成27年度の取り組みはこちら